妄想企画「お茶にごす。全30巻」Part.10(部長に相談)

今日は、このブログでのこっそり企画、「妄想お茶にごす。全30巻」に、だいちさんからお寄せいただきました小話を紹介です。
今回は14巻の1シーンということで、まークンが帰りに偶然に部長と出会い、山田と夏帆ちゃんについて相談してみる・・・のシーンです。どんなお話になるかな?!
だいちさん、今回もありがとうございました!

前回いただいた妄想シーンはこちら^^
妄想企画「お茶にごす。全30巻」 Part.8(部長の大学祭)
http://renaemon.blog6.fc2.com/blog-entry-575.html


以下、長めですので、折りたたみます~
※一応、ファンの妄想ってことでご理解ある方に^^!



<背景>
何と、アニ研にいる普段前髪で顔を隠した女の子がとっても
かわいい美少女だと知って、ドキドキのヤーマダ。
さらに交流会で出会った他高の茶道部員たちも、なんだか
気品があって魅力的。
夏帆への想いは彼なりに本気なのだが、とっても軽い性格は
そう簡単には直せない。
彼の態度に不機嫌を募らせていく夏帆ちゃん。
異次元空間である茶室を一歩離れると、そこは俗世…
とげとげしくなる一方の世界であった。
ヤーマダと夏帆は付き合う前から破局を迎えるのか??
そして、二人の間に漂う雰囲気を理解できないまークンは、
戸惑う毎日を過ごしていた。
そんなある日、まークンは帰りの電車で偶然に部長と出会った。
このシーンは、彼女を家まで送っていくところから始まる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


静かな夜道を歩きながら、雅矢は部長に最近の茶道部の雰囲気と、
その原因らしき山田と夏帆の諍いについて語った。
部長ならば、自分に良いアドバイスをしてくれるような気がして、
知っていることを包み隠さずに話してみたのである。

「…部長。やはりオレにはあまり心がないから、山田や夏帆の
 考えていることが判らないんじゃないスか??」

彼の問いに、雅矢の顔をじっと見つめる部長。

「船橋クンは、山田クンや夏帆ちゃんの気持ちを判らないのが、
自分の心が足りないと考えているのですか??」

「ええ、そう思うっス。…けど、2人には世話になってるし。
気持ちが判れば、何かオレにもできることあるんじゃないかって。」

「そうですか…。」

彼女はしばらくの間、いろいろと考え込んでいるようだった。

「…それでは…もし私が樫沢さんとキスしたことがあると言ったら、
 船橋クンはどう思いますか??」

次の瞬間、怒りに燃えて走り出そうとする雅矢を、彼女は必死で
引き止めていた。

「あのヤロウ!! ブルーのくせに部長と!!
絶対に…絶対にブッ殺す!!」

「していません!! していませんから!!」

彼を抑えるのが大変で、息を大きく弾ませながらも、部長がさらに
フォローする。

「今言ったのは、あくまで仮定の話です。
船橋クンに、少し考えてもらいたかったから。」

…かてい!?…家庭?…課程?…過程?…仮定?…ああ、仮定か…

「…そっスか…」

ようやく雅矢も納得し、硬く握り締めた拳を開いた。
それでもまだ心臓がドキドキしている。
やがて部長は自分の胸に手を置くと、静かな口調で続けた。

「…もし逆に、船橋クンから誰かとキスしたことがあると聞いたら、
きっと私はここが苦しくなると思います。」

「イヤ、オレは絶対に…」

「ええ、信じています。
…でも…そんなことないと判っていても…苦しくなるんです。
…フフッ… …人の気持ちって…
自分自身でもよく判らなくて、とても難しいですね。」

「…部長??…」

「人の気持ちを正しく知るのは、難しいことなのかもしれません。
でも、判らなくても…いえ、判らないからこそ、相手を信じる
強い気持ちが、絆として大切なのではないでしょうか。」

そして長い沈黙があった。
二人が言葉を交わさないでいるうちに部長の家へと到着する。
別れ際に、彼女はもう一度だけ雅矢を振り向いた。

「…でもね、船橋クン。」

「??」

「さっきは本気で怒ってくれて…私、とても嬉しかったな。」

「!!」

そしてもう一度その笑顔を雅矢に見せると、彼女はそのまま
玄関の扉をくぐって姿を消した。
何とも幸せな気持ちで満たされた雅矢一人をそこに残して…。



幸福に浸る雅矢が我に帰るまでには、しばらく時間がかかった。

いかん、このオレが幸せに浸っていてどうする。
…部長は、相手を信じることの大切さを伝えてくれたんだな。
さすがは部長だ、良いことを言う。
これは夏帆と、アホのヤーマダにも伝えてやらねば。

先ずは山田に部長の言葉を伝えようと、雅矢はそこから走りだした。
しかし、山田の家に向かう途中で、偶然にも夏帆と智花に出会う。

「どーしたの、船橋?? そんなに急いで。」

いぶかしげに夏帆が雅矢に問いかける。

なんと探す手間が省けた。これは天の配剤かもしれない。

「オレは今、部長から大切なことを教わったんだ。
 だから、それを夏帆たちにも伝えようと思って。」

「部長から??」

「うん、そうだ。」

夏帆も智花も、部長から教わったと聞いて身を乗り出した。
そこで雅矢は部長を真似て話を切り出した。

「もし、ヤーマダがブルーとキスしていたとしたら、
夏帆はどんな気持ちがする??」

…!!…

エエエエエッッッ!!

その言葉に、夏帆と智花が一瞬にして凍りつく。
…あの二人が…何だって??

「…樫沢さんのヘンタイ!! もう大キライ!!」

次の瞬間、真っ青な顔をして智花が走り去った。
一方、夏帆はものすごい表情で雅矢を睨み付ける。

「いったい何のつもり??」

あれっ、変だな??
夏帆は部長のように胸が苦しくならないのか??

「…部長から聞いたっていうの、ウソだよね??」

問い詰める彼女の迫力に、雅矢も思わすタジタジになる。

「…い、いや、だからこれは、あくまで仮定の話で…」

それを聞いて、夏帆が烈火のごとく怒り出した。

「何が仮定よ!!バカじゃないの!!
本当にバカじゃないの!!」

罵声を残して智花を追って走り出す夏帆。
どこがマズかったのかを今一つ理解できていない雅矢は、
ただ一人、その場にて呆然と立ち尽くしていた…。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


…書いているうちに話が変な方向に行ってしまいました。
このあとどうなったのか…それは皆様の想像にお任せします。
(…エエッ?!…無責任ですか??)



関連記事

拍手する

テーマ : 西森マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ご感想

今晩はー。
まーくんが部長に愛されていてイイ感じでした。夏帆ってヤマダをどう思っているか分かりかねますよね。続編があるとしたら、その辺がフォーカスされるんですかね。
それにしても、だいちさん週一でスゴいですね。毎回楽しみにしています。renaemonさんの妄想企画もよく考えてるなーと感心させられますよ。頑張って下さいね。できれば、高校卒業よりも結婚まで(30で収まらなそうですね)

No title

kazuykさんコメントありがとうございます^^!
いつも見に来てくださってありがとうございます。
今回のだいちさんの小話、「あくまで仮定」なのにまークンらしさが可笑しくてほほえましいお話でしたね。
ホントこの二人結婚して幸せになるところまで見てみたい・・・^^

感謝

renaemonさん、いつもお世話になっています。
kazuykさん、いつも感想をありがとうございます。

え…と、30巻のラストシーンは今週書いていますが、
さすがに結婚までは話が進んではいないです(笑)。

でも2人の結婚式…私も見てみたいですね。
私は「まークン&部長」ラヴなので、2人が出ないと
「コーヒーのないコーヒー」状態ですから。

No title

だいちさんいつもありがとうございます~^^
だいちさんの投稿がすっかり楽しみになっている方も多いでしょう^^!
やっぱりまークンと部長が幸せにならないと・・・コーヒーのないコーヒーですね。
「妄想30巻」の後に「外伝」or「続編」やりましょうか(笑)

くそ笑ったwww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

renaemon

Author:renaemon
サイトもやってます。
ニシモリマムガデータベース
http://westforest.saikyou.biz/
今日から西森!!ブログタイトルリスト2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年
*西森マンガにハマってます!ただし、一般的な漫画については詳しくない一般人です。
あわてん坊なので、こちらのブログの情報は間違いを載せてしまうこともありますが、間違いに気がつきましたらすぐに直しますので暖かく見守ってやってください。
※尚、当ブログでは勝手に妄想している企画があります。二次創作が苦手な方は「続きを読む」はクリックしないようにお願いいたしますm(_ _)m。
*情報も常時募集中です~!詳しくはこちらをご覧ください。↓
さらに詳しい管理人プロフィール&このブログの説明を読む
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
2008年の過去ログはgioのものを移動したので引越し前の内容になっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拍手ボタン
記事とは別のこのブログへの拍手ボタンです。
web拍手 by FC2
メッセージも送れますので気軽にどうぞ!
mixi me!!
mixiやってます
マイミクさん募集中~
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファンレターを出そう!
◆サンデー
西森博之先生にはげましのおたよりを出そう!!
あて先〒119-0141 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館少年サンデー気付 西森博之先生

◆ゲッサン
西森博之先生にはげましのおたよりはコチラ!!「いつか空から」の感想や似顔絵もお待ちしてます。
あて先〒119-0138 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 ゲッサン編集部気付 西森博之先生

ブログリンク
拍手ランキング
最近、拍手された回数が多い順


拍手数が多い順


etc