妄想企画「お茶にごす。全30巻」Part.12(ラストシーン・春)

今週も、このブログでのこっそり企画、「妄想お茶にごす。全30巻」に、だいちさんからお寄せいただきました小話を紹介です。
今回は一足先に最終巻・ラストシーン。ネタバレってほどではなくぜひ見てみたい1シーンで、ちょうど春の季節にぴったりなので先にご紹介させていただきます!
だいちさん、今回もありがとうございました!

前回いただいた妄想シーンはこちら^^
妄想企画「お茶にごす。全30巻」 Part.10(部長に相談)
http://renaemon.blog6.fc2.com/blog-entry-579.html

以下、長めですので、折りたたみます~
※一応、ファンの妄想ってことでご理解ある方に^^!


<背景>
ラストバトルを切り抜け、父親との確執にも終止符が打たれた。
将来を考え、部長も在籍する大学を受験することにした雅矢。
試験間際の猛勉強の成果か、それとも生来の強運の賜物か…
補欠ではあったが何とかギリギリで合格。将来への夢を繋いだ。
同じ大学の合格者には、なぜか山田と夏帆もいる。
そして入学式。
式典の後、雅矢は山田と夏帆と三人で大学のキャンパスを
見て回ることにした。
桜が満開な春の日、そこは新入生を部活に勧誘する人だかりで
賑わっていた。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


満開の桜の木々が点在する大学の広いキャンパスを、三人は
場所を確認しながらゆっくりと歩いていた。
ふと、思い出したように山田が雅矢に問いかける。

「そう言えば、まークン。
部長と2ヶ月以上会っていないんだって??」

「ああ。オレ、ここの合格出たの、つい先日だからな。
奈緒美と約束したんだ。受かるまでは会わないって。」

雅矢の言葉に夏帆が反応する。

「…なんか、ちょっとムカツクわね。
部長を名前で呼び捨てにされると。」

「仕方ないさ、夏帆ちゃん。部長がそれを望んだんだから。」

むくれる彼女をまあまあとなだめる山田。

しかし、本当にまークンと部長がお互いを名前で呼び合う日が
来るなんて、世の中には奇跡ってモンがあるんだな。
…やっぱ、天使と悪魔は惹かれ合うものなのかも。

やがて夏帆は久しく会っていない憧れの人の姿に気が付いた。

「あっ!! 部…」

思わず声を掛けようとする夏帆を山田は肘で突いて黙らせた。
そして目で合図を送る。

…ここは少し気を利かせてやろうぜ。

それも…そうね。

コクコクと頷く夏帆。
二人は雅矢に気付かれないように、そっとそこから離れた。

「おーい、ヤーマダ!!夏帆!!」

突然姿を消した二人に、少し戸惑う雅矢。
そんな時だった。雅矢が背後から声をかけられたのは。

「…お茶、いかがですか??…」

声に振り向けば、美しい黒髪の女性がお茶の盆を手にして
そこに佇んでいる。
いつ見ても、何度見ても、本当に優しい笑顔だった。
雅矢は、彼女の笑顔を何よりも愛しいと感じた。

…そういえば…昔、こんな場面があったな。

あれは確か3年前の開架高オリエンテーションの日だった。
…今思えば、全てはそこから始まったのかもしれない。
あの時の彼女は開高茶道部の部長だった。

暴力の渦中にいたオレに、唯一声を掛けてくれた人…
底知れない優しさで、このオレを導いてくれた憧れの人…

…そして…

…いつまでもオレの傍にいて欲しいと伝えたオレの願いに、
真心で応えてくれた世界で一番大切な女(ひと)・・・

…奈緒美…

彼女との3年間の思い出が走馬灯のように蘇る。

「…頂きましょう。」

雅矢は茶碗を受け取ると、3年前と同じように一気に飲み干した。

「うまいっス。」

3年前と全く同じことをする雅矢を見て、奈緒美はもう一度
優しい微笑を浮かべ、もう一度、語りかけた。

「…良かったら、また私と茶道を勉強してみませんか??」

そよ風が流れて、二人の周りに桜の花びらが舞い落ちる。

「もちろん、入部します。」

雅矢は躊躇なく奈緒美に茶道部入部の意志を伝えた。
お互いの瞳を見つめて微笑み合う雅矢と奈緒美。
雅矢の脳裏にふと小さな疑問が浮かんでくる。

…もしかして…
オレ、奈緒美をまた「部長」と呼ぶこともあるのかな??

周囲の学生たちは、うららかな春の日差しのように温かい表情で
初々しい2人を見つめていた…。





Fin


―――――――――――――――――――――――――――――――――


ラストシーンは「お茶にごす。」第1服のラストと対比する形で
描いてみました。
まークンと部長がいつまでも誰よりも幸せでありますように…
それが私の願いです。

だいち

関連記事

拍手する

テーマ : 西森マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ご感想

こんばんはー。
とても素敵な終わり方ですね。お茶の続きの終わりにふさわしいと思います。
第1服のお茶の一気飲みは、きっとお茶の飲み方を知らないまーくんの不作法を表現したかったのでしょう。だから、成長の証として、大学では逆にゆっくり味わって飲むというのも良いと思います。だいちさんのこの最終回は、まーくんがまた一気飲みすることで、物語が続いていくことを示しているので、またアリなんでしょうね。
桜の香るような良いSSでした。

No title

kazuykさん、今週も見に来てくださってありがとうございます^^!
だいちさんの「お茶」への愛情がたっぷりと分かるお話でしたね。
先にラストシーンってどうしようかな?とも思ったのですが、季節的には今を逃すともったいない気もいたしまして・・・!
わざと一気に飲んで見せて・・・というところもニクイですね^^

Thanks

kazuykさん、今週も感想をありがとうございます。
そうですね、ゆっくり味わって飲むというのもありですね。

実はお察しの通り、ラストは終わりでなく始まりにするために、
第1服と同じにいたしました。
ちなみに、部長に「出会い」を覚えていることを伝えるために、
まークンはわざと一気飲みしているという設定です。
最終服を踏襲して、まークンの成長は周囲の学生の表情で
判るという終わり方を選びました。
これもまた一つの終わり方ということで…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

renaemon

Author:renaemon
サイトもやってます。
ニシモリマムガデータベース
http://westforest.saikyou.biz/
今日から西森!!ブログタイトルリスト2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年
*西森マンガにハマってます!ただし、一般的な漫画については詳しくない一般人です。
あわてん坊なので、こちらのブログの情報は間違いを載せてしまうこともありますが、間違いに気がつきましたらすぐに直しますので暖かく見守ってやってください。
※尚、当ブログでは勝手に妄想している企画があります。二次創作が苦手な方は「続きを読む」はクリックしないようにお願いいたしますm(_ _)m。
*情報も常時募集中です~!詳しくはこちらをご覧ください。↓
さらに詳しい管理人プロフィール&このブログの説明を読む
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
2008年の過去ログはgioのものを移動したので引越し前の内容になっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拍手ボタン
記事とは別のこのブログへの拍手ボタンです。
web拍手 by FC2
メッセージも送れますので気軽にどうぞ!
mixi me!!
mixiやってます
マイミクさん募集中~
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファンレターを出そう!
◆サンデー
西森博之先生にはげましのおたよりを出そう!!
あて先〒119-0141 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館少年サンデー気付 西森博之先生

◆ゲッサン
西森博之先生にはげましのおたよりはコチラ!!「いつか空から」の感想や似顔絵もお待ちしてます。
あて先〒119-0138 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 ゲッサン編集部気付 西森博之先生

ブログリンク
拍手ランキング
最近、拍手された回数が多い順


拍手数が多い順


etc