妄想企画「お茶にごす。全30巻」Part.36 (3年雅矢の進路で明鏡止水Gガンダム!?)

拍手、コメント、ありがとうございます~^^

今日も毎週土曜日恒例になっています、「妄想お茶にごす。全30巻」企画に、だいちさんからお寄せいただきましたショートストーリーの紹介です。

今回は、妄想第23巻のまークンの進路の話ですが、某アニメパロ!?まで加わって、
アニ研まで参加してのシリアス&ギャグの交錯が面白いお話になってます(笑)!

元々お茶本編でも先生は他の漫画のパロをちょっと入れたりしているので結構アリかと(笑)
だいちさん、今週もありがとうございました!

☆だいちさんのサイトでも、3年生になったまとめコーナーも出来ています!
「お茶」創作ページ 妄想「お茶にごす。」作品選(3年)
http://homepage2.nifty.com/ff7dfc/page096.html
ご興味ある方はぜひご覧になってください~!

以下、だいちさんからのご投稿です^^
↓「続きを読む」をクリック



<背景>
3年となって、雅矢は自らの進路を選ぶ時期となった。
彼は部長と一緒の大学に通いたいと考え、その気持ちを山田に
打ち明けた。
部長が通う大学は、今の雅矢には少々レベルが高い。
課題解決のために、雅矢と同じく部長と一緒の大学に通いたいと
考えていた夏帆、夏帆と一緒の大学に行きたい山田、この2人を
中心に「まークンを大学に行かせる会」が発足した。
なぜかその会には、智花とアニ研3年生も名前を連ねている。
そんなある日、雅矢は自分の進路について考えることを
部長にも打ち明けたのだが・・・。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


雅矢から自分と同じ大学を受験したいと打ち明けられた部長。
しかし、彼の大学志望理由が自分と一緒にいたいからであると
聞いて、彼女は少し困った表情を見せた。
しばらくの間、彼女はいろいろと思案しているようだった。
やがて部長は雅矢に語り始めた。

「雅矢クンが、私と一緒の大学に行きたいと考えてくれるのは、
とても嬉しいです。…それは本当の気持ちです。
でも、雅矢クン…それだけで進路を決めてはダメですよ。」

彼女のダメという言葉は雅矢にとっては意外だった。

「ダメでしょうか??」

「ダメです。」

「…そうですか。」

キッパリ「ダメ」と言う部長の言葉に、雅矢は肩を落とした。
そんな様子を見て彼女は優しい口調で語り続けた。

「雅矢クン…進路は自分の一生の問題ですから…ね。
 私のことを考えるのでではなくて、自分のことを考えて
 選んでください。」

「自分のこと…ですか。」

…自分自身のことを自分で考えて決める…
これは雅矢が極めて苦手とするパターンだった。
そこで人生の先輩でもある部長に質問する。

「…部長は、自分の進路をどんな理由で選んだんスか??」

「私は正直な話…とても些細な理由で選びました。」

「些細な理由??」

「ええ…私は元気になりたいと頑張っている人を応援したくて…
 理学療法士を目指すことにしました。」

なるほど…リハビリに努める患者さんの指導を行う理学療法士なら
確かに部長には適職かもしれない。

「私、変でしょうか??」

「いや、部長らしいっス。とっても参考になりました。」

オレの人生の目標は優しい人になること…ならば人生の目標と
合致した将来を真面目に考えることにしよう。

自分の将来を真剣に考え始めた雅矢。
そんな彼を、部長は優しく微笑みながら見つめていた。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


<話の途中経過>
部長に進路のダメ出しをされて以来、雅矢はしきりに一人で
考え込んでいることが多くなった。
今日もなぜか雅矢はアニ研にオジャマして、考え込んでいる。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


一人考え込んでいる彼の姿に、山田と夏帆は溜息をついた。

「船橋がこんなじゃ、入試は絶望的だわね。
 最近、勉強に全く身が入ってないし。」

「いや…あれでまークンは本気になるとスゴイんだぜ。」

「本気になるとスゴイって??」

山田の意外な言葉に夏帆が尋ね返す。
智花もアニ研部員も彼の言葉に興味を示した。

「ほら、1年の文化祭の時とか、時々、まークンに何か
宿ったような状態があったろ??」

「うんうん。」

「オレはあの状態のまークンを、スーパーモードと
呼んでいる。」

突然、話に口を挟む者が現れた。

「明鏡止水…です。スーパーモードではありません。」

今年のアニ研の部長である前髪で顔を隠した美少女…
通称「オタ子ちゃん」が山田の言葉を訂正した。

「明鏡止水って??」

「…アニメ的にはGガンダムパターンですね。
 明鏡止水とは真のスーパーモードのことです。」

「???」

山田も夏帆も智花も、彼女が言っていることの意味が
全く判らない。
そんな一同に、オタ子ちゃんはキッパリと宣言した。

「これは皆さん全員でGガンダムを観るしかないですね。」

話が変な方向に向かい、雅矢を含めた茶道部員4人は数日かけて
Gガンダム全巻をアニ研で観賞する羽目になったのである。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


<話の途中経過>
話の成り行きでGガンダム全巻を観ることになった雅矢。
しかし、奇跡か偶然の産物か…本当にそこに彼の捜し求める
答えのヒントがあったのだ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


雅矢は、一生懸命考えて導き出した進路への答えを、部長に
素直に打ち明けることにした。
彼女は笑顔の中にも、少し心配そうな表情を見せている。

「部長。実はオレ…優しいヤツになるのが人生の目標なんス。」

…今でもとっても優しいのに…雅矢クンらしいですね。

心の中でそう呟きながら、部長はニッコリと微笑んだ。

「…で、オレ、思ったんス。
 オレは、人だけじゃなくて、地球にも優しくしたいって。」

「地球に…優しく??」

「ええ。だからオレ…地球環境を守る仕事、目指します。
 部長と別の大学に進むことになるかもしれないっスが。」

しかし、雅矢の言葉に部長は心から嬉しそうな表情になった。
そして、すぐさま彼に提案する。

「私の通うKO大学、環境情報学部もあります。
雅矢クンさえ良かったら、KO大学、目指しませんか??」 

「それ、本当っスか!? 環境に関わる学部があるって。」

「ええ、本当です。とても良い学部なんですよ。」

そして彼女は眼を伏せながら付け加えた。

「それに…来年から、雅矢クンと一緒に大学に通えたら…
 私、本当に嬉しいし…。」

「オレ、頑張って絶対、部長の大学に合格するっス!!」

雅矢の言葉に、部長は顔を上げると彼の両手をしっかりと
握り締め、彼に自分の気持ちを率直に伝えた。

「私…信じて待っていますから。
 雅矢クンを信じて…待っていますから。」

彼女の輝く瞳に見つめられて、雅矢の顔が一気に赤くなる。

…そして暫くの時が流れていった。

やがて、部長は悪戯っぽい表情になってクスリと笑うと、
雅矢に友達口調で語りかけた。

「それにしても…
 雅矢クンの口癖…ロハスが現実になるんだね??」

「??」

彼女の言葉の意味が今一つ判らない雅矢は、不思議そうな顔を
したまま、その場に立ち尽くしていた。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


<話の途中経過>
部長に信じて待っていると言われて以来、雅矢は部長の面影を
思い出しては呆けていることが多くなった。
今日もなぜか雅矢はアニ研にオジャマして、一人呆けている。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


心ここに在らずの雅矢に、山田と夏帆は再び溜息をついた。

「船橋がこんなじゃ、入試は絶望的だわね。
 最近、前より一段と勉強に全く身が入ってないし。」

「そうだな…まークンにスーパー…じゃなくて、明鏡止水を
 何とか会得させないと話にならないな。」

山田の言葉に智花が抗議する。

「止めてよ、その話。
 私、まだGガンダムのBGMがグルグルしているんだから。」

それは山田も夏帆も同様だった。
これ以上DVDを観たくない。
その時だった、オタ子ちゃんが再び彼らの話に口を挟んだのは。

「明鏡止水は…主人公の兄キャラが教えてくれるんです。
 皆さんの知り合いに、そんな方はいませんか??」

確かにアニメではそんな展開だった。
兄キャラと言われて、山田と夏帆は顔を見合わせる。

「兄キャラと言えば!!」

「あの人だよね!!」

非の打ち所のない最高の適任者がいる!!
山田と夏帆は、他のメンバーと今後の作戦会議に入った。
ついに「まークンを大学に行かせる会」が実動を開始した。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


この先の展開として、山田と夏帆は織部さんに雅矢の
精神修行の指導について相談に行きます。
そして、彼らに一緒に付いて行ったオタ子ちゃんは、何と
織部さんにまでGガンダムのDVDを観せるのです。
DVDの効果かどうかは別として、まークンは織部さんの
指導で明鏡止水モードを自在に操れるようになると言う、
まるでアニメの世界のような展開を予定しています。
「明鏡止水」が判らない人はGガンダムを観てね。


関連記事

拍手する

テーマ : 西森マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ご感想

こんばんはー。
進路編ですね。まーくんも部長も理系なんですねー。部長はいろいろ想像できますが、まーくんって何になるのか本当に未知数ですよね。格闘家でも通用しそうですし(笑)まあ、まーくんは、集中力凄そうですし、頑張れば勉強できるんでしょうね。それにしても、環境情報って面白い設定ですね。

まークンの

将来、結構想像するのが難しかったんです。
こちらのブログにヒントがあって、「優しい」をキーワードに
地球環境関連にしました。
なお、慶応大学には本当に環境情報学部がありますが、
湘南キャンパスのため、千葉からはかなり遠いので、
通学は無理かなって思います。


No title

kazuykさん、だいちさん、コメントありがとうございます!
「ロハス=地球に優しい」ですね!
さすがに「総理大臣を目指す!」は無理ですが(笑)
実際にちゃんとそういう学部があるんですね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

renaemon

Author:renaemon
サイトもやってます。
ニシモリマムガデータベース
http://westforest.saikyou.biz/
今日から西森!!ブログタイトルリスト2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年
*西森マンガにハマってます!ただし、一般的な漫画については詳しくない一般人です。
あわてん坊なので、こちらのブログの情報は間違いを載せてしまうこともありますが、間違いに気がつきましたらすぐに直しますので暖かく見守ってやってください。
※尚、当ブログでは勝手に妄想している企画があります。二次創作が苦手な方は「続きを読む」はクリックしないようにお願いいたしますm(_ _)m。
*情報も常時募集中です~!詳しくはこちらをご覧ください。↓
さらに詳しい管理人プロフィール&このブログの説明を読む
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
2008年の過去ログはgioのものを移動したので引越し前の内容になっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拍手ボタン
記事とは別のこのブログへの拍手ボタンです。
web拍手 by FC2
メッセージも送れますので気軽にどうぞ!
mixi me!!
mixiやってます
マイミクさん募集中~
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファンレターを出そう!
◆サンデー
西森博之先生にはげましのおたよりを出そう!!
あて先〒119-0141 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館少年サンデー気付 西森博之先生

◆ゲッサン
西森博之先生にはげましのおたよりはコチラ!!「いつか空から」の感想や似顔絵もお待ちしてます。
あて先〒119-0138 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 ゲッサン編集部気付 西森博之先生

ブログリンク
拍手ランキング
最近、拍手された回数が多い順


拍手数が多い順


etc