妄想企画「お茶にごす。全30巻」Part.38 (3年:父の影)

今日も毎週土曜日恒例になっています、「妄想お茶にごす。全30巻」企画に、だいちさんからお寄せいただきましたショートストーリーの紹介です。

今回は、妄想第23巻の残りの話の、ラストバトルへの伏線として、
まークンパパの登場となりました。想像以上にコワイぞパパ!
だいちさん、今週もありがとうございました!

以下、だいちさんからのご投稿です^^
↓「続きを読む」をクリック


<背景>
軽高の近くに大型ショッピングモールが建設されるという噂が
街に広まっていた。
その陰には、ある男の謀略が見え隠れしているようである。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


軽高も程遠くない空き地…そこに漆黒のベンツが停まっていた。
運転手が外からドアを開くと、一組の男女が車から降りてくる。
男は40代…そして女は30歳前後か?
姿から見て、女の職業はおそらくキャリアウーマンだろう。
その一方で、男が何者なのか想像するのは難しかった。
仕立ての良いスーツで身を包むその姿は、彼が金持ちであり、
ビジネスの世界に身を置く者であると想像できる。
…しかし、彼の顔は…はっきり言って怖かった。
どう見ても、ヤクザか殺し屋にしか見えない。

「宮城!この辺の購入達成率は何パーセントだ?」

空き地を横切りながら彼はドスのきいた声で女に尋ねる。

「約55%です、社長。」

その答えを聞いて、社長と呼ばれた男は渋い顔になった。

「計画より遅れているじゃないか!」

「申し訳ありません。地権者が反対運動しているものですから。」

その言葉に、彼はジロリと自分の秘書を睨みつけた。
慣れていない者ならばきっと縮み上がってしまうに違いない。
彼の名は亜久間 是音(ぜのん)…
彼が社長を務める亜久間組は、大手ゼネコンと公称しているが、
裏で非合法なこともしているという黒い噂が後を断たない。
その亜久間組の独裁者…それが雅矢の父親だった。

「…まあいい。今回の成功のカギは軽挙高校だからな。
 あれは将に任せておけば、完璧な下準備をするだろう。」

亜久間は懐から葉巻を取り出すと、それを口にくわえた。
その時のことである。

「何してやがる、てめぇ!?」

突然、人相の悪い明らかな極道者が三人、彼にからんできた。
どうやらシマを荒らす同業者と勘違いしたらしい。

「ん??オレの土地で何をしようと、オレの勝手だろう??」

葉巻を吸いながら亜久間が落ち着き払って答える。

「何だとぉ!?」

「てめぇか、最近、この辺を買い占めている地上げ屋は?!」

3口ほどで葉巻を地面に捨て、それを足で踏み潰しながら
亜久間が答える。

「人聞きが悪いな。オレは地上げ屋じゃない。実業家だ。」

「オレらと同業者みたいな顔してやがるくせに実業家だぁ??
 ワレ、ふざけやがって。」

彼はヤクザたちにジロリと一瞥をしながら考えた。

まだ買収していないこの辺りの土地のこともある。
…ここは地元のヤクザ共に邪魔しないようクギを刺しておくか。

「お前ら、クズかゴミだろ。ここから出て行きな。
 オレの土地が汚れるじゃねぇか。」

「このヤロウ!!」

彼の挑発的な一言に、極道たちは懐から短刀を取り出した。

「社長!!逃げてください!!」

青い顔をして叫ぶ秘書の宮城を、亜久間が手で制止する。

「下がって見ていろ、宮城!先に手を出すのはヤツらだ!
 オマエは、オレの正当防衛の証人だ!」

この一言がとどめとなって、ヤクザたちは完全にブチ切れた。

「上等じゃねえか!!ムショくらい、入ってやらぁ!!」

短刀を手にした三人の極道者が、同時に亜久間に襲い掛かった・
しかし、闘いの時間はあっけないほど短かった。

短刀で突いてきた右手を、彼は捻りを加えた正拳突きで弾き、
そのまま正拳で相手の顎を一撃で砕いた。
背後から襲いかかるヤクザの短刀は左足の後回し蹴りで上に
払いのけ、身体を捻って敵のみぞおちに肘を一閃する。
最後のヤクザは短刀を持つ手首を両手で掴み、関節をきめて
大きく投げ、脳天から地面に叩き落とした。

闘い始めて10秒、三人のヤクザはもはや虫の息だった。

「ウハハハハハハッ!!これは稽古にもならなかったな!」

事の成り行きに呆然とする宮城に亜久間が解説する。

「宮城が見たのは初めてか。
 これが武装した敵を素手で倒す古武道…真闘流だ。」

「…お強いのですね、社長は…。」

「まぁな。何しろオレは自分の師匠よりも強いのだからな。
 武道家で、この亜久間是音の名を知らないヤツはいないぜ。」

何とも傲慢に聞こえる言葉だった。
…しかし、それは本当のことだったのだ。

闘いの後、しばらく左右を見回していた宮城は、周りの町並みに
過去の記憶を呼び覚まされた。

「…あの…社長。…雅矢クンの住まいは、この近くでは??」

「雅矢??…ああ、アイツのことは、すっかり忘れていたぜ。
 食えるよう面倒は見てやったんだ。もう縁はねぇな。」

「…でも…雅矢クンは社長の…」

「宮城!!その話はもう終わりだ!!」

亜久間は目に見えて不機嫌になっていた。
どうやら彼女は彼の逆鱗に触れてしまったようだ。

「今日はもう仕事はいい! 帰れ!!」

「…でも…」

「帰れと言ったら、帰れ!!」

長年、亜久間の秘書をしている宮城は、これ以上の言葉は
かえって事を悪くするだけだと悟った。
彼女は頭を深く下げると、そこから静かに一人で立ち去った。


―――――――――――――――――――――――――――――――――


まークンの父親は、鬼神のように強い男という設定です。
(息子である魔将クンの10倍は強いと彼は豪語しています。
これは大魔王と魔将軍との力関係…なのです。)
さて、この後、秘書の宮城さんはまークンの家を密かに訪れます。
しかし、家の前で出会ったのは、まークン本人ではなく部長。
宮城さんは部長がまークンの知人と知り、自分の雇い主である
彼の父親について詳しく語ります。
そして部長は、まークンが彼女には話そうとしなかった、
彼の不幸な過去について詳しく知る…という展開です。

なお、雅矢の父の計画は、次のようなものといたしました。
軽高のワルの集団が暴れて理事長(樫沢・父)辞任、
→ 新理事長として軽高の運営権を掌握
→ 更に軽高のワルの集団が暴れたため学校を廃校処分に
→ 軽高の跡地に巨大ショッピングモールを建設して大儲け

この計画の鍵は、軽高のワルが街で大暴れするところなので、
わざわざ息子を転校させてワル達を暴走させるわけです。
しかし、雅矢と山田が抑止力となり、ワルたちは思ったほど
派手に暴れてくれません。
そこで、魔将クンの指示により、邪魔な雅矢と山田に対して
泥門高から次々と刺客が送られてきます。
鬼頭(魔将クン不在時にワルを統括するワル)は、三苛、
存尾、加美羅、豪権、部阿土、奥河など、強者・曲者を選んで
送り込んできますが、雅矢と山田がそれらのワルたちを
全て返り討ちにする…というバトル展開が待っています。
なお、泥門高のワルの苗字は、鬼頭以外は全てモンスターの
名前を当て字にしましたので悪しからず。


関連記事

拍手する

テーマ : 西森マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ご感想

おくれまして、こんばんは。
軽校が乗っ取られちゃう、ということでブルーとかが関わってくるんですね。よく練られていると思います。
お茶というより、天こなのような展開ですよね。こういうドラマティックな展開は、今後、西森さんはやっていくんですかね?私的には、高校生の平凡な日常をこれから描いていくんじゃないかなーと予感しています。
あ、感想というより、西森さん語りになっちゃいましたね。次回作をがもうすぐということで、ついつい。私は西森さんの情報は、renaemonさんのブログでしか分からないので、更新楽しみにしています。renaemonさんも、だいちさんも、暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます、、と小暑の前に、暑中見舞いを申し上げます。長々と、失礼しました。

No title

kazuykさんコメントありがとうございます。

ホント、だいちさんのアイデアがよく考えられていて感心しちゃいます。
たしかに天こなくらいの盛り上げ方ですね~!道士郎、お茶はあそこまではいかずに終わった感が・・・。
そう考えると次の作品もそうなるのかな・・・?神のみぞ知る!?

一応妄想で30巻もあればこういうクライマックスも・・・という感じになっていますが・・・^^;
とりあえずこれからもがんばりたいです~

そうですね

私もkazuykさんの意見には共感しています。
「お茶」の良さは、日常描写にあると思いますので。

私のSSは、renaemonさんの妄想をサポートするものなので、
ラストバトルがあるなら、やはりそこに向かって話を盛り上げる
のが定石なのかな…なんて。

No title

だいちさんフォローありがとうございます。
いつも私の「無理矢理?妄想」に付き合ってくださって感謝感謝です。「全30巻」も残り少なくなってきましたががんばりましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

renaemon

Author:renaemon
サイトもやってます。
ニシモリマムガデータベース
http://westforest.saikyou.biz/
今日から西森!!ブログタイトルリスト2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年
*西森マンガにハマってます!ただし、一般的な漫画については詳しくない一般人です。
あわてん坊なので、こちらのブログの情報は間違いを載せてしまうこともありますが、間違いに気がつきましたらすぐに直しますので暖かく見守ってやってください。
※尚、当ブログでは勝手に妄想している企画があります。二次創作が苦手な方は「続きを読む」はクリックしないようにお願いいたしますm(_ _)m。
*情報も常時募集中です~!詳しくはこちらをご覧ください。↓
さらに詳しい管理人プロフィール&このブログの説明を読む
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
2008年の過去ログはgioのものを移動したので引越し前の内容になっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拍手ボタン
記事とは別のこのブログへの拍手ボタンです。
web拍手 by FC2
メッセージも送れますので気軽にどうぞ!
mixi me!!
mixiやってます
マイミクさん募集中~
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ファンレターを出そう!
◆サンデー
西森博之先生にはげましのおたよりを出そう!!
あて先〒119-0141 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館少年サンデー気付 西森博之先生

◆ゲッサン
西森博之先生にはげましのおたよりはコチラ!!「いつか空から」の感想や似顔絵もお待ちしてます。
あて先〒119-0138 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 ゲッサン編集部気付 西森博之先生

ブログリンク
拍手ランキング
最近、拍手された回数が多い順


拍手数が多い順


etc